格闘技系ネタ!

2006年05月12日

5.3AXKICK興行「BODY TALK �Y」

5月3日(水曜日)の”憲法記念日”で祝日なこの日に、新宿歌舞伎町にある”東京都内最大規模のハプニングバー”SHANGRI-LA(シャングリラ)で、歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICK(アックスキック)主宰の興行「BODY TALK �Y」が開演15:00から¥2,000(当日¥2,500)で行なわれました。
さて、新会場になったSHANGRI-LA(シャングリラ)は、今年できた新しい”ハプニング・バー”。”東映ビデオ”より公開された”団 鬼六”原作、”石井 隆”監督で”杉本 彩”主演で話題になった”花と蛇Vol.1”、”花と蛇Vol.2”の調教師”鬼源”役でも有名な(緊縛指導もおこなっている)”有末 剛”さんとか、AV女優、風俗業を経て(他にも凄い経歴)現在漫画家を中心に活躍されている”卯月 妙子”さんがよくご利用されているという。 店内は”ハプニング・バー”なのにとても広い。(東京都内でも最大級という) さてこういうお店は、フェチ界の女王”黄金咲 ちひろ”とレポート! 天井二ヶ所に”吊り”のできる場所がある! 貸し出し用のコスチュームも多数揃えてある。 奥には”カウンター”もあり”お酒”が呑めるBar(バー)です。 その又奥には”アダルト・グッズ”が多数販売。 結局、”お買い上げ”!?(レポートそっちのけ?) あ! ダーツを発見! 危ない!危ない!(良い子は真似をしてはいけません!) 気を取り直して。(?) (←”うらたん(裏探偵ファイル)”みたい♪?) あれ? 中々、真ん中に行くじゃない? いやいや、遊んでないで店内レポートの続き、続き。 店内では、手首にブレスレットをするルールらしい。 ”S”な方は、赤い”S”、”M”な方は、緑の”M”、”スワッピングOK!”な方は、紫の”SW”を。 何故か、私達は”SW”をはめてレポート続行。(?) 目を離した隙に、店内にある”コンドーム”置き場に、”ASIAN DRUG(アジアンドラッグ)”の”Back Skin(バックスキン) ”を仕込む”黄金咲 ちひろ”! これは宣伝になるので、見なかった事に。(笑? さてさて試合、試合。
試合前に”スーツ610”選手を発見! パブ全開なのですが、私の勝手な自主規制で目線を入れました。(笑? 何だか、○△所の面会に来た気分です。(?) アップ中の、今回のAXKICK(アックスキック)興行の主催者”RIKIYA”選手。 殺気を感じます。 近寄れません・・・。 さて第一試合。 ”RIKIYA”選手vs”スーツ610”選手。 しかしいつもの通り、”スーツ610”選手が欠場。(あれ?さっきいたよなぁ?) 今回は、いつもの名司会進行役”戸川 健次”氏の代わりに”、前回の興行に参加した”でんでん植松”氏が大抜擢。 そのアナウンスによると”スーツ610選手は、マジック・マッシュルームの食べ過ぎで欠場!”との事? 代わりに、金髪の”スーツ姉歯”の登場! 詳しい試合内容は”AXKICK(アックスキック)”の”RIKIYA”選手がレポートしています。詳しくは→ここをクリック! (←手錠をしたままで入場の”スーツ姉歯”選手) そうそう、今回のレフリーは、いつもの名物レフリー”桜井”さんではなく、”WONDERMAN(ワンダーマン)”さん。 何処かで会ったような気がするなぁ? あ!そうそう。 今回のメイン試合に出る”菅原 伊織”選手の主宰した”RofC”興行の司会進行をしていた方だ。 でももっと前に会っているような気がする・・・。 試合は”一角獣”のような突きで”スーツ姉歯”選手が”RIKIYA”選手を刺殺。(←???) 勝者”スーツ姉歯”。
第一部の第二試合。 これは”黄金咲 ちひろ”が”うらたん(裏探偵ファイル)”で、近日レポート予定。 お楽しみに♪
休憩をはさみ、第二部へ! 第二部は、いきなり”メイン・イベント”。 ”RofC”より”菅原 伊織”選手と、”笠原 寧”選手。 対する相手は”ガロガ4号”選手(ガロガ、旧ナイトメア)と”栗原健志郎”選手(Style-E


mikamisakio at 19:52|Permalink

2006年03月24日

3.21AXKICK興行「BODY TALK�X」

3月21日(火曜日)の”春分の日”で祝日なこの日に、参宮橋のオザキ・ジムで、歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICK主宰の興行「BODY TALK �X」が開場18:30、開演19:00、¥2,000(当日¥2,500)で行なわれました。 <巷で噂の”ゴールディ美咲”!”うらたん”にて動画発信中!→こちらをクリック!
第一試合は毎回恒例、お約束の”スーツ610”選手vs”RIKIYA”選手の試合。 前回同様”スーツ610”選手は来ず、その刺客の”ハーレムおじさん610”選手が美女軍団と共に登場! 東京拘置所からの出場で保釈金を¥2,000積んでの出場らしい・・・。(手には手錠が) さて試合開始。 あれ? 覆面(?)を剥がしたら”スーツ610”選手。 でも今回は覆面が要らなかったのではの疑問もあるが・・・。 RIKIYA選手は道着着用で格好良かった。 以前に見た”ROCK空手”のポーズを決めて欲しかった。 結果はRIKIYA選手の勝ち! 決め技は”三角締め”。 RIKIYA選手は打撃主体の攻撃以外にも、こうした技も上手かったと感じる試合だった。 今回は恒例の”スーツ610”選手が、この興行名物の”桜井レフリー”に絡んでボコボコにやられなかったのが残念・・・。(笑? ”スーツ610”選手の試合終了後コメントは「俺の試合はいつも”ガチ”だ!」といつも通りでした。
第二試合は、”東洋医学RIKIYA”選手vs”西洋医学アジアンドラッグ美神”選手の試合。 前試合の主催者AXKICKのRIKIYA選手と似ているし名前も一緒なので試合前に聞いてみると、甲高い声で「違うよ!何を言っているの?」と欽ちゃん跳びで逃げていってしまった・・・。 ”西洋医学アジアンドラッグ美神”選手は・・・。(←自主規制) やはり世界最弱レスラー”西洋医学”選手は今回も弱かった・・・。 今回は中国四千年の歴史”東洋医学”選手の猛攻に手が出ない。 ボコボコにされ、ほとんど公開リンチ状態。 ”東洋医学”選手の足ツボマッサージ攻撃は、逆に悪いところが治って健康的に! ところが復活してもまたボコボコにされて場外へ出されてしまう・・・。 ”西洋医学”選手は前回と同様、セコンドの”うらたん”ミネ編集長に何故かタッチ。 何故か体操着にブルマと凶器のバットとボールを持って”東洋医学”に襲い掛かる。 何故か満面の笑みを浮かべて攻撃しているが、本日の”東洋医学”選手は強い! というか、”西洋医学”組は弱すぎる。 史上最弱だ。 これまでの画像を見る限り、もはや”東洋医学”vs”西洋医学”の戦いでは無い。(笑 <後日談:”うらたん”ミネ編集長曰くWBC優勝記念の格好らしい・・・> 頼りにならない”西洋医学”選手に、客席に助けを求める”うらたん”ミネ編集長。 場内に”助けて~!助けて~!”と鳴り響いたその時! 会場の明かりが全て消え、TV版電車男のヒロイン、エルメス役で大人気だった”伊東 美咲”似のスタイルの良い”金色”を纏った美女が登場! ”ゴールディ美咲”という人らしい? ところが急に顔がとれ、佐清(すけきよ)のような? もう何が何だか・・・。 拡声器を持ち謎の呪文を唱えながら、魔法のステッキを振りながら踊り、”東洋医学”選手を攻める。 最初こそ”西洋医学”選手のようにボコボコにされていたが、今日の”東洋医学”選手は違っていた。 ”ゴールディ美咲(佐清?)”を”スペシャルはずかし固め”で仕留めた! その後控え室に”ゴールディ美咲(←にしておこう)”を確かめに行くといた。 『次回は”東洋医学”選手と覆面をかけて対決するわ♪』 と次回の5月3日で雪辱戦をするのを誓い、一言残し消えてしまった・・・。 多分”ゴールディ美咲”は、あの呪文、踊りをみても宇宙人だろう。 何星から来たんだろう?(私の好きな”ゆうこりん”の”こりん星”ではないはず) しかも何の為に・・・。 ”西洋医学アジアンドラッグ美神”選手を応援に来ていた”日本一、ゴールドの似合う女”の”黄金咲 ちひろ”さんに「”金尽くめのキャラ”が似ていますね」と彼女に聞くと彼女はただ笑うだけ・・・。「次回も応援しに来たい♪」と言って試合後の”うらたん”ミネ編集長と他の試合を観戦していました。 しかしこの試合は見た人でないと理解不可能であろう。 文章で表現できる人は作家になれるだろう。 動画は歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICKで見れるので、確かめに行くのも手だ。
第三試合は ”でんでん植松”氏のお笑いパフォーマンス? ところが夕刊紙”ゲンダイ”、”ナイスポ”を持った男達が乱入! 何故か”でんでん植松”氏は”東スポ”を持って攻撃! グデグデの試合になって終了・・・。 この興行の男前な名物司会者”戸川 健次”氏(本業は舞台役者) の機転で延長戦へ。 決着方法は、各誌で紙飛行機を作って”飛距離”で勝負!? 結果は”ナイスポ”が5m20cmで勝利!?(内緒の話ですが美神会の"ちなり"さんです。この日の為に自慢の髪を丸坊主にして登場してくれました!) (あれ?何の試合でしたっけ?) ここで第一部(お笑い?)が終了。 休憩を挟んで第二部(プロレス)へ。
第二部はプロレスです。 ☆第一試合は、RAW提供格闘技線(5分1R) ”菅野 敦志”選手(Gイタクラ) vs ”ワイルド・コップ”選手(RAW) ☆第二試合は、RAW提供タッグマッチ(30分1本勝負) ”ユウキ・ロバート・カワグチ”選手&”力丸のりお”選手 vs” フランツ・オトフリート長谷川3世”選手&”横浜KID”選手 ☆セミファイナル(30分1本勝負) ミスター・エゴイスト?FUCK!からの刺客 ”マグナムOH!EDO”選手(FUCK!)&”YUKI”選手 vs 変幻自在のキャラ兄さん・2chの人気者 ”ボスコニアン”選手(RAW)&”ドラゴンソルジャーLAW”選手(AXKICK) ☆メインイベント(20分1本勝負) 喧嘩プロレス”二瓶組”の用心棒 ”菅原 伊織”選手 4月9日に彼が主宰する団体”R of C(Resistance of Cross bones)”で「Missing Link」というプロレス興行が西調布格闘技アリーナで旗揚げです!(詳しくは下に告知あり) vs 茅ヶ崎の英雄 ”戸田 秀雄”選手(国際プロレス) 菅原 伊織”選手より体格が違うし怖そう・・・。(ToT) 素人の私が解説するのは失礼なので差し控えますが、息を呑む試合でとても迫力があり観客が一体になって、体格差があってもお構いなしに闘う二人に引き込まれた試合であったのは書いておきます! 試合は時間切れの引き分けに終わった。 しかし”戸田 秀雄”選手が攻撃を止めず”菅原 伊織”選手のセコンドの”ドラゴンソルジャーLAW”選手が引き離し必殺技の”イナバウア~”を! ところが最後に何故か”菅原 伊織”選手が、自分のセコンドの”ドラゴンソルジャーLAW”選手に彼の必殺技の”イナバウア~”を炸裂! 最後は”ドラゴンソルジャーLAW”選手が「1・2・3・イナバウア~!」で締める。 そして彼はこの興行の美味しいところを持っていき、出場選手からの胴上げ! この後、お約束通りにリング中央で落とされて、出場者全員からの”ストンピング”!!! (レフリーの桜井さんが一番激しく蹴っていたという噂♪) こうしてAXKICK興行「BODY TALK�X」は無事に成功を収めた。
次回のAXKICK興行「BODY TALK�Y」は、ゴールデンウィーク中の開催! ついにあの謎選手”ゴールディ美咲”の正体が暴かれるか?中国四千年東洋医学選手との覆面剥ぎマッチ? その他にも恒例の第一試合”スーツ610”選手vs”RIKIYA”選手、”イナバウア~”で人気急上昇中の”ドラゴンソルジャーLAW”選手も勿論出場予定です!ダメダメ世界最弱レスラー”西洋医学アジアンドラッグ美神”と”うらたん”の”ミネ編集長”も次回の参加があるのか?要チェックです!
<緊急告知!> 今回メイン試合の【菅原 伊織】選手が主宰の団体”R of C(Resistance of Cross bones)”の初興行「Missing Link」が、4月9日日曜日、西調布格闘技アリーナで、開場17:00、開演17:30、全自由席2,500円(当日は+500円)で、菅原 伊織選手は勿論、双子の弟の”零狼”、今回の対戦相手だった”戸田 秀雄”選手、戦うカポエラお父さん”ペドロ高石”選手、空気投げの”趙雲子龍”選手、他、豪華な顔ぶれの対戦が組まれています。 お問い合わせや詳細は”菅原伊織☆海賊の哲学”を! 熱血な彼のこの興行はサポートしていきたい。 当日は私も見に行きます! 立ち上げ初興行を、皆さんで応援ツアーをしましょう♪(←行きたい方は、私にmixiメッセをください!お待ちしています)
今回のレポートは 主宰の歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICKRIKIYA選手がしています。 当日の試合結果は→こちらをクリック! 他にも”うらたん”のミネ編集長のレポート”ミネプロレス・リベンジ編 その1”もあります。→こちらをクリック! NEW! ・”ミネプロレス�Uの全貌:前編”は、→こちらをクリック! ・”ミネプロレス�Uの全貌:後編”は、→こちらをクリック! あの謎な”ゴールディ美咲”の攻撃が動画で見れます!!!要チェック!?
<今回の一枚!> 今回、第二試合に出ていた”うらたん”ミネ編集長と、”アジアンドラッグ美神”を応援に来ていた”アジアンドラッグ”の乾かないローション”脳内射精”のキャンギャル”黄金咲 ちひろ”さんに囲まれての3ショット!中央の私の持っているのが”脳内射精”、二人が持っているのが”バックスキン”です。”黄金咲 ちひろ”さんの出没状況は→こちらをクリック! <おまけの一枚!(お宝画像♪)> AXKICKにての打ち上げで、オリジナル・カクテル”AXKICK”を呑んで疲れて眠りについた”金姫”with”脳内射精
まだまだ続きます!!!

mikamisakio at 12:31|Permalink

2006年01月17日

1.9AXKICK興行「BODY TALK �W」遅報!

1月9日(月曜日)の”成人の日”で祝日なこの日に、参宮橋のオザキ・ジムで、歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICK主宰の興行「BODY TALK �W」が開場18:30、開演19:00、¥2,000(当日¥2,500)で行なわれました。
第一試合は、”スーツ610選手”(歌舞伎町所属)vsAXKICK所属の”RIKIYA”選手。 しかし”スーツ610選手”が欠場になり、”第巨人シーツ610選手”が変わりに出場。 で、でかい! 多分2mは超えているはず。 RIKIYA選手が、ヘッドロックを掛けていると、首が伸びた!? 一瞬焦るRIKIYA選手。 やはり、中身はお約束通り、スーツ610でした・・・。 最近トレードマークになっている”便所スッポン”が板についてきました。 というか、生えています・・・。 結局はRIKIYA選手が”腕ひしぎ十字固め”で勝利。 他力本願ですが、”AXKICK”RIKIYA選手のレポートは→こちら!
第二試合は、画像がありません・・・。 何故ならば・・・ 詳しくは今回の主宰者”AXKICK”の”RIKIYA選手の解説”か、”うらたん”の”エロサイトの編集長がプロレスデビューらしいデス。”の記事を見てください。(ムフフ画像も有り?) 多分その理由が分かると思われます。 <追加報告>うらたん”に、動画も入っての詳細レポートが載りました! これを見て笑わないでください。 本人は真剣です・・・。(泣 あ、ここにも・・・。 「月とすっぽん」 ”うらたん”カメラマン兼編集サイバー☆ひろしさんのサイトです♪
第三試合は、”Mr.WOW T”選手vs”ミスターWHO”選手。 青いマスクの選手はどこかで見たような気がするのは気のせいか? 総合格闘技ルールでの試合で、迫力満点! 今回は両選手共に、覆面でした。
第四試合はメイン・イベントで、小仲=ペールワン選手(ロックアップ所属) 、ドラゴンソルジャーLAW選手AXKICK所属)vsZIPANGU選手(SSS所属)ササメ選手(SSS所属)。 この試合で度肝を抜かれたのは、”小仲=ペールワン選手”の”唾”攻撃!? これは、毎回レフリーをしてくださっている”桜井”さんにも飛び火! 試合は迫力があるのに飛んだり、場外乱闘ありで面白くて凄いです! 今回の司会進行は”戸川”さん。 男前でしょ♪? 現在、舞台に出たり声優をしたりといった活動をしています。 AXKICK興行「BODY TALK」名物司会になると思いますので要注目な人ですよ! 打ち上げでも面白楽しく○×しく(?)呑みました!
<今回の一枚!> 第二試合は、”うらたん”編集長の”ミネ”様が、何と私のセコンドについて頂いての試合でしたというか、私がセコンド?だったとの噂も・・・。(涙 そういえば以前に”鉄人”加藤 鷹さんのプロレス試合でのセコンドにも”ミネ”様がいた記事を”うらたん”で見た事があったなぁ。 うん、非常に光栄♪ この画像は試合前に撮った、アジアンドラックの”バックスキン”を持っての私と”ミネ様”です。(二人共、眼鏡っ子だ) 次回、AXKICK興行「BODY TALK �X」を3月に予定していますが、リベンジマッチはあるのかな? 今回を含め全ての”AXKICK興行「BODY TALK �W」”は、歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICKにて動画で見る事ができますよ! 勿論、ムフフ映像も♪

mikamisakio at 18:06|Permalink

2005年12月20日

イベント・レポート1

すいません、もう少しで一ヶ月前になってしまいます。関係者の方々、本当にすいません。 参宮橋のオザキ・ジムで行なわれた、歌舞伎町HEAVYMETAL&格闘技BarAXKICK主宰の興行「BODY TALK�V」が開場18:30、開演19:00、¥2,000(当日¥2,500)で11月23日(水曜日)に行なわれました。
さて、第一試合は、”スーツ610”選手vs”RIKIYA”選手vs”つっちーあけぼの”選手vs”リアル・キャット・ファイター・モツ”選手のバトルロイヤル。 ”スーツ610”選手with”リアルキャットファイター・モツ選手”←試合前に”スーツ610”選手が”リアル・キャット・ファイター・モツ選手”を睨み付ける! 試合直前になっても、”つっちーあけぼの”が来ません・・・。しょうがないので、3WAYマッチに変更!でも”スーツ610”選手もいなくて、”謎の(笑)覆面レスラー”が登場しての3WAYマッチになった。 謎の覆面レスラー←”チャカ”を所持している”謎の覆面レスラー” ゴングが鳴って試合は始まり、オザキ・ジム所属の”リアル・キャット・ファイター・モツ”選手は消え・・・。AXKICK所属”RIKIYA”選手と"謎の覆面レスラー" の試合に。”RIKIYA”選手が途中で"謎の覆面レスラー"の覆面を無理やり剥がすと、やはり”スーツ610”選手でした。怒った”RIKIYA”選手が猛攻。すると何故か”スーツ610”選手は逃げて私にタッチ。(?)私は当日取材&音響手伝いだったのだが、その後、”RIKIYA”選手にボコられてしまう・・・。(何故?)逃げた”スーツ610”選手が復帰。必殺の凶器を持って再度乱入!やっと私は解放・・・。 スーツ610選手inAXKICK←スーツ610選手inAXKICK 上の画像の”便所スッポン”で”RIKIYA”を攻撃。しかし取られて逆に画像のように”RIKIYA”選手に頭上につけられてしまう。しかし必殺の凶器は”便所スッポン”だけではなかったんです。怒った”スーツ610”選手、最後は懐から出した”チャカ”で”RIKIYA”を銃殺。(え”ぇ~?) でも何故か勝者は”スーツ610”選手でした・・・。 (”リアル・キャット・ファイター・モツ”選手は、試合前に”オーバー・ザ・トップ・ロープ”で失格・・・)
第二試合は、”ドラゴンソルジャーLAW” vs”ボスコニアン”。 ”ドラゴンソルジャーLAW”選手が”ラッツ&スター”の”め組の人”で入場。しかもマイクを取って歌いだし、場内爆笑!続いて”ボスコニアン”選手は宇宙銃(?)をも乱射しての入場。(この試合で何人の犠牲者が・・・) 第一試合からみるとかなり”プロレス”らしい。(笑&失礼)最初は固かった両者でしたが途中から場外乱闘ありの面白く楽しめた試合でした。最後は何故か場内が”スローモーション”になり”ドラゴンソルジャーLAW”選手がマッスルロックで”ボスコニアン”選手からデビュー戦にして初勝利! (この試合までの画像がありません・・・。すいません・・・。)
第三試合は、”松本 健太”選手 vs ”RIKIYA”選手 ”RIKIYA”選手vs”松本 健太”選手 試合早々、香港映画を思わせる動きだ。”松本 健太”選手も初出場ながら”RIKIYA”選手に仕掛けていく。 ”松本 健太”選手vs”RIKIYA”選手 百戦錬磨の”RIKIYA”選手の試合の適応能力で、どんどん”松本 健太”選手を試合の流れを押していく。最後は”30秒突”で仕留めた。 しかし”RIKIYA”選手の心使いで”ミネ打ち”だった為、復活!良かった!また犠牲者が出たと思った・・・。
第四試合は、”リー・ガク・WHO?”選手VS”マウンテン・ハイ”選手。 ”リー・ガク・WHO?”選手VS”マウンテン・ハイ”選手 ターザン後藤一派の同門対決。この試合は今までの選手達より体重があるので、迫力のある試合でした。”マウンテン・ハイ”選手"はこの興行の連続出場です。前回、前々回と負けているので、勝ってほしいところ。ところが”リー・ガク・WHO?”選手の調子が良かったのか”マウンテン・ハイ”選手"の良いところがあまり出ません・・・。 ”マウンテン・ハイ”選手&”ジェラシーMAX”←第二ラウンド前にセコンドの”ジェラシーMAX”に怒られる”マウンテン・ハイ”選手。 ”マウンテン・ハイ”選手&”ジェラシーMAX” 後半は”ジェラシーMAX”も半乱入で火炎攻撃誤爆(?)。”リー・ガク・WHO?”選手の勝利となった。
セミファイナルは”ペドロ高石”選手vs”飛鳥一撃”選手。 この試合は”ペドロ高石”選手が負傷の為”ニャン吉”選手が試合に。 ”ペドロ高石”選手&”ニャン吉”選手 戸惑う”飛鳥一撃”選手。 ”ニャン吉”選手vs”飛鳥一撃”選手 しかし非情にも”ニャン吉”選手への攻撃が襲い掛かる。 ”ニャン吉”選手vs”飛鳥一撃”選手 もう誰もが”ニャン吉”選手の負けか?と思っていたら、”ペドロ高石”選手が負傷にめげずに登場! ”ニャン吉”選手vs”飛鳥一撃”選手 最後はその”ニャン吉”選手を使っての(?)”ニャン吉固め”で勝利!? ”ニャン吉”選手vs”飛鳥一撃”選手 最近注目のプロレス団体DDTマッスルで人気が急上昇の”ペドロ高石”選手劇場(笑)にターザン後藤一派所属の”飛鳥一撃”選手も少し恥ずかしそうに試合をしていたのが印象的でしたが、楽しませてもらいました♪
メインイベントは、”菅原 伊織”選手vs ”三州 タカシ”選手。 前回、イケイケのファイトを見せてくれて私のハートを掴んだ、喧嘩プロレス二瓶組所属、”色白の貴公子、我道會館の菅原 伊織”選手が出場! ”菅原 伊織”選手 流石、メインイベントの試合で、打撃戦を中心に試合が進行していく。 ”菅原 伊織”選手vs”三州 タカシ”選手”菅原 伊織”選手vs”三州 タカシ”選手 途中から様々な攻防が繰り広げられる。 ”三州 タカシ”選手vs”菅原 伊織”選手 後半は足を決めたりの寝技戦も。 ”三州 タカシ”選手vs”菅原 伊織”選手”菅原 伊織”選手vs”三州 タカシ”選手 動きのある試合でカメラが追いつきません・・・。 ”菅原 伊織”選手の得意技”華斬”でフィニッシュKOのイケイケの勝利だった!
今回の興行は楽しめました。司会の戸川さんがいたのも良かったかもです。 司会の戸川さん&主宰のRIKIYA←司会の”戸川さん”&”主宰のRIKIYA”
<今回の一枚!> ”マウンテン・ハイ”選手&”ジェラシーMAX”withアジアンドラッグの”バックスキン” アジアンドラックの”バックスキン”を持っての貴重な私服姿の2ショット! ターザン後藤一派の”マウンテン・ハイ”選手&名物セコンド”ジェラシーMAX”です。この試合に負けた”マウンテン・ハイ”選手は次の試合で、”バックスキン”パワー(?)で見事、シングルマッチ初勝利との連絡がありました!おめでとうございます!これから勝利のお守りとしてバックスキンが流行ったりして!(笑

mikamisakio at 13:38|Permalink

2005年10月24日

スクープ!?

『グレート草津』選手が、”警視総監賞”を貰えるかも!? とだけしか、今のところは書けません・・・。 詳細が分かり次第レポートします!? 『グレート草津』選手&『私』 ロケ地:歌舞伎町AXKICK

mikamisakio at 20:34|Permalink





livedoor プロフィール
記事検索
☆リンク☆














※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません










フラッシュぬこ