2010年07月

2010年07月31日

少し恥ずかしい中古車購入

埼玉の熊谷にいた頃に新車購入した我が愛車”フェラーり”号がパンクにより何年も放置。 親切に防犯登録をしてくれた近所の自転車屋さんが閉店していてパンクが直せないまま。(自分でも直せるけど・・・) 修理費と改造費を天秤にかけ低予算で次のを狙っていたのだが、チョッパートライク仕様に改造しまくってみようと思って探していたお年寄りに大人気の三輪自転車は玉数も少なく最近は高値なので断念。 前にも記事に取り上げた「二輪駆動自転車」は生産打ち切りになっちゃっているみたい・・・。_ト ̄|○ 10万円以上が相場の「STING-RAY SPOILER(スティングレイ・スポイラー)」は2m以上の全長なので日本の道交法に合致していないと思われるし、取り回しも大変そうなので・・・。 同じ「SCHWINN(シュイン、シュウイン)」というメーカーの「STING-RAY(スティングレイ)20」の中古を発見。 SCHWINN(シュイン、シュウイン)STING-RAY(スティングレイ)20 その昔に一時期、この糞サイトを”愛生会病院”仕様にしてくれた天才Webデザイナー”M氏”がディスカバリーチャンネルで感動したという”OCC”こと「ORANGE COUNTY CHOPPERS(オレンジ・カウンティー・チョッパーズ)」という会社とのコラボレーションらしい。 後輪は20インチ、ワイドでかなりファット。(前輪は24インチ) フロントフォークはバイク風の長いチョッパー仕様、シートサドルもそれ風で、前後共にリジットなので乗り心地は硬い。 しかもペダルがついているクランク部が前方よりなので三輪車みたいにこぎにくい。 トップブリッジにつく22.2mm(7/8インチ)のバーハンドルがバイク用のを流用して改造ができそう♪ お金と暇にかなりの余裕があれば、 ・前後ディスクブレーキ化 ・前後サスペンション化 ・多段変速化 ・トライク化(L.S.D.付き) とかまでやって弄り倒してみたいなw 気分は映画”Easy Rider(イージー・ライダー)”で走行時には”Steppenwolf(ステッペン・ウルフ)”の”Born to Be Wild(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)”が頭の中で鳴り響くw でも都内で乗るのはかなり恥ずかしいですよ、これw 問題は近所で自転車の防犯登録をしてくれるお店が無い。 職質されたら時間をくうので、販売証明書をわざわざ持参して乗らないと・・・。 警察でも防犯登録の申請を受けてほしい。 どうせ天下りの・・・(略

2010年07月26日

【節煙・減煙】無煙たばこ”ZERO STYLE MINT”【煙草税値上げ】

たばこ税が2010年10月から値上げ。 今まで愛煙していた”ハイライト(タール17mg、ニコチン1.4mg、20本入り)”は¥290から¥410になるらしい。 喫煙できる場所も少なくなった。 この機会に禁煙かと考えたが中々無理w 断煙(一切吸わない)が無理なら、節煙(吸う量を減らす)、減煙(吸う本数を減らす)には挑戦していたけど。 最近まで1日1箱(20本)ペースから2~3日で1箱(20本)ペースまでは落として頑張れた。 しかし夜更かしする日とかだと量や本数が増える日も。
”ZERO STYLE MINT(ゼロ・スタイル・ミント)”、JTからの新製品案内がきていたのだが、とても気になっていて5月の販売と同時に購入。(東京都限定発売) 問題は品薄で、現在も中身の詰め替え用カートリッジの入手が困難。(私の居住する台東区鳥越付近だけか?) ”無煙たばこ”といっても、”タール”は火を使わない”嗅ぎたばこ”なので出ないが、”ニコチン”は出る。 他の公共の場所とかだとどうなんだろう??? 禁煙の場所でも気づかれないかも。 マイルドセブン・ワン1mg(ニコチン0.1mg)の20分の1のニコチン量らしいので計算すると0.005mg。 私は一応、喫煙所で吸って(?)ます。
実は7月1日からハイライト断ちしている。 煙寂しいのにも苦手なミントの味にも慣れてきた。(?) 中身の詰め替え用カートリッジは半日から1日が推奨の賞味期間らしいが3日位はそのまま頑張って気合いで吸うw 何だかこのままだと禁煙できそうな気がする。 現在のように詰め替え用カートリッジが程よく品薄になればw お酒は止められないけど・・・。_ト ̄|○

続きを読む

2010年07月20日

SINTHAI’s TheHOUSE2 2010

暑いですね・・・ 太陽の光を浴びると溶けてしまうおじちゃんです・・・ そんな暑い時は、新作「数cm 離れた夏」を出した天才「森本 在臣」氏のおすすめで涼しくなって! 「SINTHAI’s TheHOUSE2 2010」 小心者のおじちゃんは、最初のドアが少し動いただけでビビッて逃げ出してしまったぞ・・・ 頑張って部屋に入ったけど、音から何からもう怖すぎて無理ぽ&駄目ぽ・・・ 「SINTHAI’s TheHOUSE 2005」というのもある。 どちらもクリックして進んでいくゲーム(?)らしいのですが、本当に怖いのでおじちゃんには無理だ・・・ 最後までクリアーした人、詳細レポをキボンヌ!

2010年07月08日

【帝王】辻 幸雄(つじ ゆきお)氏【再逮捕】&摘発ラッシュ?

昔に小インタビューした辻 幸雄(つじ ゆきお)氏、出所したばかりなのに再逮捕らしい。 西浅草で「アルカディア」というハプニングバー(ハプバー)をやっていると聞いていたので、前回に呑めなかった酒を呑みながら久し振りに取材したかったのに・・・。_ト ̄|○
ここ一週間位、新宿で摘発ラッシュがあった(?)らしい。 裏が取れていないのですが(もう確認する気力無し)、カジノ系?とかスカウト系?とかパブ系?とか????? 何か国賓とか公賓級の来日とかの大行事があるのか????? 謎。
国民の娯楽は今後、全て無くなっていくんだろうな・・・ 前回のソープランドも無くなるような感じだし。(実は美神、ソープランド童貞です) ああ、また酒が増える・・・

2010年07月05日

さよなら、ソープランド

かつては「トルコ」や「トルコ風呂」と呼ばれ、現在では「ソープランド」と呼ばれている風俗の業種がある。 次のニュースをみてこのブログの記事のタイトルに「さよなら、ソープランド」とつけた。
以下、「zakzak(ザクザク)」の「風俗の“王道”が消える? 相次ぐソープ店摘発の謎」より。 風俗の“王道”が消える? 相次ぐソープ店摘発の謎 2010.07.05  かつて“ウラ風俗”のメッカといわれた埼玉・西川口のソープランド店が売春防止法違反で摘発された。ここ数年、埼玉県内では有名ソープ店3軒が摘発され、昨年は東京・吉原の老舗店も摘発を受けている。風俗の“王道”といわれるソープ店の摘発に、業界関係者は戦々恐々だ。ソープ業界と警察の間に、一体何が起きているのか。  埼玉県警生活環境1課と川口署は先月30日、売春防止法違反(場所提供業)の疑いで、西川口のソープランド「スウィートピーチ」経営、永島正浩容疑者(31)と、同店従業員、相馬久考容疑者(31)を逮捕した。2人は今年6月、女性従業員が売春する場所を50分1万5000円で提供した疑い。永島容疑者は容疑を認め、相馬容疑者は「中で何をやっていたかは知らない」と否認しているという。  埼玉県内では2007年2月、15年ぶりに西川口のソープ店が摘発され、その後、大宮の高級店、熊谷の老舗店も相次いで摘発された。東京都内でも昨年6月、創業50年の吉原の超有名店が摘発されている。こうした動きは数年前から全国的に続いており、関西屈指のソープ街の滋賀・雄琴でも07年12月に、人気店が家宅捜索を受け、店長とマネジャーが逮捕された。捜査関係者は次のように説明する。  「警察はこれまで、風俗営業禁止地域での風俗店摘発を優先してきましたが、それに一定のメドがついたため、ソープランドの取り締まり強化を始めました。合法店でも指定暴力団の資金源になっていることが多く、巨額脱税摘発の端緒となることもある。摘発は風俗担当の生活安全課と暴力団担当の組織犯罪対策課が連携しています。今後も、関連の法律をフルに使って、摘発を続けていきます」  誤解している人も多いだろうが、ソープランドは法律上の店舗型性風俗特殊営業で、浴場業としての要件も満たすため警察と保健所双方の管轄下にある。ソープ嬢は従業員ではなく、店内の一室を借りてマッサージなどのサービスを提供する個人事業主という立場だ。客との性行為は「自由恋愛」の範疇とされ、店側も「入浴料」と「サービス料」を別々に徴収するのが建前となっている。  そんななか、ソープ業者は許可された地域内において、いわば“あ・うん”の呼吸で営業している。それだけに、摘発を受けた店側は『なぜ、ウチが…』と面食らっていることだろう。実際にターゲットの店が決められる過程について、前出の捜査関係者が続ける。  「最も分かりやすいのは、他店や地元有力者からの『荒稼ぎし過ぎ』とか『暴力団が裏にいる』といったタレコミ。また、定期的に査察する保健所からの『衛生面で問題あり』『避妊具が放置されていた』という通報や、利用客からの『追加料金ぼったくり』の訴え、市民からの『呼び込み被害』相談も参考にします。こうした“問題の多い店”がターゲットになるのです」  埼玉では大宮、西川口、東京は吉原、近畿圏では滋賀・雄琴、神戸・福原、和歌山・ぶらくり丁以外のすべての地域が、既得権営業店を除く店舗型風俗の営業禁止区域だが、許可された地域でも摘発は続いている。全国からソープランドという営業形態が消える日がくるかもしれない。 以上でコピペ終了。
前からこのブログに書いているのだが、「警察の匙加減」で何とかなっている(?)風俗業界。 というか「グレーゾーン」だったというかそうである。 「グレーゾーン」が摘発を重ねて判例ができるとグレーゾーンではなくなる。 現在他にもある風俗業も「届出」なので許可ではない。 既得の許可店とかでも摘発になるのだから、もう一度営業形態とか他にも考えてみる必要はありそうだ。 風俗店の禁止区域外営業での摘発にメドがついたらしい。 私も二回、経験がある。(否笑 「優良納税者!」とか、「保健所お墨付きの衛生管理!」とか、「893(←当て字)に無関係のお店!」を店のサイトに掲げたら摘発されないのかな??? これらの検査機関を作ればいいのに。 しっかり税金を払えば文句言わないんでしょ??? やっぱり「ポルノ税」を導入するべき。 最近、色々と考えすぎて知恵熱が出たw 基本的に「近隣からの通報」が一番多いので注意しましょう。

続きを読む






livedoor プロフィール
記事検索
☆リンク☆














※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません










フラッシュぬこ